相続・終活に関する業務

遺言書作成

遺言

相続財産が火種となって、これまで仲のよかった家族親族が、骨肉の争いを繰り広げるケースは実際よくあります。どれだけ事前に相続税対策を行って財産をたくさん残したとしても、争いとなってしまっては意味がありません。

そこで遺言を残しておけば、誰にどの財産を遺すか決めておくことができるため、不毛な争い、煩わしい手続を回避することができます。

※但し、相続人には遺留分という権利がありますのでご注意ください。

当法人では遺言作成をサポート致します。

こんな疑問にお答えします!

  • うちは大した財産が無いので遺言書は不要?
  • 認知症の疑いがあるのですが、遺言書を作成できる?
  • 遺言書はどのタイミングで書くべき?
  • 遺言書にはどんな種類がある?
  • 遺言書の内容と異なる遺産分割はできる?
  • 遺言書には何を書いてもいいの?

特におすすめしたいケース

  • お子様がいらっしゃらないご夫婦
  • 再婚された方で前妻、前夫の間にお子様がいらっしゃる方
  • 相続人に当たる方が多数いらっしゃる方
  • 遺産の分け方を口頭で伝えてある方
  • 親族関係がぎくしゃくしている

遺言書の種類について

遺言書には3種類あります。それぞれにメリットデメリットがあります。

遺言を書くには一定のルールがあり、ルールが守られていない遺言書は無効になってしまうため注意が必要です。

1.自筆証書遺言

自分で作成する遺言書です。自筆証書遺言によって遺言をするには、遺言者が、その前文、日付、氏名を自署し押印しなければなりません。パソコンなどを使って作成したものは無効です。

メリット
  • ・作成に費用がかかりません。いつでも作成できます。
デメリット
  • ・形式不備で無効になってしまう可能性がある。
  • ・紛失、盗難のおそれがある。
  • ・本当に自筆か争いが生じることがある。
  • ・検認手続きが必要。

自署証書遺言原案作成サポートサービス

  • ・遺言書原案作成
  • ・登記事項証明書、名寄帳、公図等関係書類、評価証明書等の関係書類収集

※遺言書の内容によっては、報酬が加算される場合がありますのでご了承ください。

2. 公正証書遺言オススメ

遺言者が公証人に遺言の内容を口述し、公証人がその内容を正確に筆記し、原本を公証人役場に保管してもらう方式です。
紛失・偽造の危険性が極めて低く証拠能力も高いのが特徴です。

メリット
  • ・保管が確実です。
  • ・自書する必要がない。
  • ・検認手続が不要。
デメリット
  • ・費用がかかります。
  • ・証人2名以上が必要。

公正証書遺言作成サポートサービス

  • ・遺言書原案作成
  • ・公証人役場との打合せ
  • ・公証人役場への提出書類収集

※遺言書の内容によっては、報酬が加算される場合がありますのでご了承ください。

3. 秘密証書遺言

遺言の内容を記載した書面(自筆である必要はありません)に日付を入れて署名押印し、封筒に入れて、遺言書に使用したものと同じ印で封印します。
それを証人2名以上と公証役場に提出し、所定の手続を行います。誰にも遺言書の内容を知られることなく、遺言書の存在が明確になるのがメリットです。

メリット
  • ・遺言の内容を秘密にできる。
デメリット
  • ・費用がかかります。
  • ・証人2名以上が必要。
  • ・自分で保管するため、盗難・紛失の恐れがある。
  • ・検認手続きが必要。

秘密証書遺言作成サポートサービス

  • ・遺言書原案作成

※遺言書の内容によっては、報酬が加算される場合がありますのでご了承ください。

石田司法書士事務所で解決

ページの先頭へ