会社設立

会社設立支援

会社設立

起業するにあたり、会社設立登記手続は、すべての出発点となる大変重要な手続です。

会社の設立には、商号・役員・本店所在地・資本金・事業目的など、さまざまなことを決めた上で定款認証、登記申請の手続が必要となります。

ただ、手続に追われ、本業の準備がおろそかになってしまっては本末転倒です。

当法人は、起業家のみなさまの負担を軽減すべく、会社設立登記手続のお手伝いを致します。

こんな疑問にお答えします!

  • 自宅を本社所在地として登記できる?
  • 資本金による税金の違いはある?
  • 商号は自由に決めることができる?
  • 一人でも株式会社を設立できる?
  • 事業目的はどう決めればいい?

会社設立のお手続の流れ

1

ご相談・お問い合わせ

会社設立に関するご希望・相談内容をヒアリングし、会社設立の大まかな流れをご説明致します。

2

お見積りの提示

その際、お見積りをご提示いたします。なお、お見積りは案件の概要を聞いた上での概算になります。

3

ご依頼

正式なご依頼を頂いてから作業に取りかかります。

4

設立する会社の基本事項を決定

商号、事業目的、資本金、役員などを決めていただき、それをもとに定款を作成します。

5

定款認証

公証役場で定款認証の手続を行います。当法人は電子定款に対応しております(収入印紙4万円が不要)

6

資本金の振込

定款認証後、出資者名義の口座(既存の口座で構いません)に、資本金を入金します。

7

会社設立・登記の申請および設立登記の完了

会社設立登記の申請を行います。登記申請日が会社設立日となります。
登記完了後、会社の登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書などの完了書類をお渡しします。

その後、税務署・ハローワーク・年金事務所当に届出をする必要があります。
ご希望であれば、当法人と提携している税理士・社会保険労務士をご紹介致します。

石田司法書士事務所で解決

ページの先頭へ